kenblog

役に立つ情報から筆者の感想まで様々なことを書いています!

内向型の性格とは?わかりやすく解説!

皆さんこんにちは!今回は内向型という人間の性格分類に関して説明したいと思います。内向型の逆の性格が外向型の性格になります。このような内向型、外向型、という言葉を聞いたことがある方もいると思います。

 

外向型、内向型とは?

 そもそも外向型、内向型とは何か?という話をしようと思います。外向型は名前の通り、自分の外側の世界に興味があるという性格になります。簡単に言うと、人とかかわるのが好きで、活発な性格な人といえると思います。

 一方、内向型は自分の内側に興味があり、あまり人とかかわることが得意ではなく、一人で黙々と何かをしたりすることが得意な人です。しかし、現代社会では外向型の性格が優遇される傾向があり、少し内向型の性格の人々が生きづらい社会になってしまっているのが現状です。

 最近は昔よりも内向型という性格のメリットが注目されることも多くなりましたが、まだまだ認知されている割合は多くないように感じます。そこで今回の記事では内向型という性格に注目してその特徴とメリットを紹介していきたいと思います。

 

内向型の性格の特徴とメリット

 では内向型の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは皆さんが予想できるである特徴から、皆さんが全く予想もしなかった特徴まで広く紹介していきたいと思います。

 

強い刺激が苦手である

 内向型の性格を持っている人は強い刺激が苦手で、人の多い場所や激しい活動を嫌う傾向があります。これが影響して、後でも書きますが、一人でいることを好む傾向があるともいえるかもしれません。

この強い刺激が苦手という特徴は、HSPという性格とも共通する部分があります。HSP の性格を持つ人は割合的に内向型の人が多いので、こちらの性格も参考にしてみるといいと思います。HSPって何?という方は過去の記事でHSPについて書いているのでぜひ見てみてください。

 

oimosannokodomo.hatenadiary.com

 

適した環境では高い集中力を発揮する

 こちらもHSPと被ってしまう特徴なのですが、先ほど、内向型の人たちは強い刺激が苦手だと書きました。しかし、刺激が少ない静かな環境であれば内向型の性格の人々は外向型の性格を持つ人々よりも高い集中力を発揮することができます。

 そのため、自分が内向型の性格であるという方は、仕事や勉強をする際は静かな環境で作業をするほうが効率的に進めることができます。

 

人の気持ちがよく理解できる

 内向型の人は、共感能力が高い人が多く、他人の感情に敏感な人が多いです。そのため、空気を読んだり、他人の感情に寄り添って話を聞いたりする能力に長けている人が多いです。しかし、人の感情に敏感であるため、人とずっと一緒にいると疲れてしまい、結果的に一人でいることが好きだという方が多いのだと考えられます。

 そういった意味では、意外なことに外向型の人よりもコミュニケーション能力が高いということができます。これは結構意外に思う人は多いのではないでしょうか?外向的な人はあまり他人の感情に繊細に反応しないので、多少相手が不快に思っていても気にせずコミュニケーションをとることができます。これは外向型の人の強みであると同時に弱みにもなってしまいます。つまり、自分の性格をどのように利用するかが大事だということですね。

 

慎重でリスクを好まない

 内向型の人は、慎重でリスクを好まず、何事も堅実に進めていくことを好む傾向があります。強い刺激に弱いということが関係しているのかもしれません。そのため、自分のやろうとしていることに対して、計画的にコツコツと進めていくことができる人が多く、最初はあまり目立った成果を上げることはできませんが、時間がたって気づけば素晴らしい成果を手に入れることができていた、というようなことが起こりやすいです。

 内向型の人は華々しい成功のようなものを最初から求めるのではなく、コツコツと積み上げていくことを目指していくといいと思います。

 

想像力が豊か

 内向型の方には、想像力が豊かである方が多いです。そのため内向型の人たちは映画観賞や読書などを趣味に持つ方が多く、芸術的なものへの関心も高い人が多い傾向があります。内向型の人たちは日ごろから様々なことを考えたり、想像したりしていることが多く、その考えをアウトプットするために芸術を始めてみることもいいと思います。芸術に触れることで、新たなインスピレーションを得ることができ、持ち前の想像力と合わせて、より良いアイデアを感が考え付くこともできるでしょう。

 芸術だけでなく、彼らは仕事でも新しいアイデアを考えるのを得意な方が多く、いろいろなものからインスピレーションを得ることができます。もし仕事で想像力が必要なことがあったら静かな場所でリラックスしながら考えることがおすすめです。

 

 

さあどうでしたでしょうか?意外と内向型と聞いて思いつく特徴と違っていたものもあったのではないでしょうか。今まで内向型というものに対してあまりよく知らなかったけど、この記事を読んでよくわかったと思っていただけると嬉しいです。最後まで読んでいただいてありがとうございました。