kenblog

役に立つ情報から筆者の感想まで様々なことを書いています!

マスカレードホテルを読み終わったので感想を書いてみる

皆さんこんにちは!

今回は、マスカレードホテルを読み終わったので、感想を書いていきたいと思います!

マスカレードホテルは、東野圭吾さんの代表作で、映画化もされています。

 

マスカレードシリーズ

マスカレードホテルはマスカレードシリーズの一つです。

一応マスカレードシリーズを紹介しておきたいと思います。僕はまだ読んだことがないので、いつか読んでみたいと思っています!

 

 

あらすじ

主人公の新田という刑事と山岸というホテルウーマンが主に物語の軸を作っていきます。ある日山岸がホテルで働いていると、突然そのホテルで殺人事件が行われると伝えられます。そのため、刑事たちがホテルの従業員に紛れることになりますが、山岸が働くのは超高級ホテルであり、ホテルでの勤務経験のない刑事たちをホテルで仕事をさせることはできないと最初は抵抗しますが、結局刑事たちは働くこととなってしまいます。その過程で、山岸と新田が出合い殺人事件の捜査を通じて二人の関係が変化していきます。

 

 

マスカレードホテルを読んだ感想

マスカレードホテルを読んでみて思ったのは、とてもオーソドックスで読みやすいミステリーだと思いました。ミステリーのお手本のような本だと感じました。

主人公は新田という刑事と山岸というホテルウーマンです。この二人の関係性の移り変わりがこの本の面白いところでもあります。この本はどちらかというと、推理を楽しむというより、この二人や、そのほかの登場人物との人間関係が物語が展開するにつれて変化していくことを楽しむ要素が強いのかなと思いました。

この本は映画化されていて、本を読んでから映画で楽しむことも楽しみ方の一つであると感じます。私は本来あまりミステリーが得意なほうではないのですが、この本はとても読みやすく感じました。ミステリーは読んだことないけど読んでみたい!という方にはお勧めです。東野圭吾さん自体非常に有名なミステリー作家の方なので、一度読んでみると本の世界に一歩踏み入ることができると思います。

ここからはネタバレがあるので、すでに読んだことのあるかたや、ネタバレに耐性のある方以外は見ないでください。

 

 

ではここから内容に本格的に触れていきたいと思います。私はこの物語に出てくる連続殺人事件の現場に残される数字を新田や山岸が推理りしていくのを読んでいて、ミステリー作家とは頭がよくないとできないものなんだなあと素人ながら思ってしまいました。緯度や経度を時間と組み合わせたメッセージにするという発想はいったいどこから出てくるのだろうと思ってしまいますね(笑)。

物語の中盤に入り、新田のホテルマンも板についてきたあたりから、山岸の新田に対する態度が変わっていったように感じました。途中から、警察の捜査にも首を突っ込むようになり、新田とのコミュニケーションが円滑になっていきます。また、山岸の言った一言で新田が捜査の糸口を見つけるなどの出来事も何度か起こり、山岸の重要性も作品中では描かれています。

物語の終盤では、山岸は隠されていた重要な事件の情報を新田から聞いてしまい、犯人をおびき寄せるためにホテルで事件が起こるのを警察が待つという構図になっていることを知ってしまいました。しかし、結局山岸はホテルの支配人にそのことを伝えることができず、ホテルの客を危険にさらすことに対する大きな罪悪感を感じていきます。

そんな中で事件が起こります。ホテルでの犯行が予告されていた当日に山岸が犯人に襲われます。犯人に注射器で毒を注射されそうになっているところへ、新田がベストタイミングで現れます。そして新田が犯人を逮捕し、山岸を助けます。ここでも新田と山岸の信頼関係のようなものを感じられるような表現がされています。作品の最後は、新田と山岸が恋愛に発展しそうな雰囲気をにおわせて終わっていて、終わり方もとてもきれいに感じました。